うりゅう米が初出荷されました

9月22日(土)

この度、第5町内の佐々木健一さんがゆめぴりか約1トン、合同会社 共栄ファーム(佐々木芳雄代表)が、ゆめぴりか約1トンをライスコンビナートに初出荷されました。きたそらち農協の岩田清正代表理事専務、遠藤淳史雨竜地区代表理事と共に初出荷に立会い、お祝いを申し上げました。今年のうりゅう米は、不安定な天候のせいでしょうか、タンパク値が高く、品質が例年より劣り、また、収量も平年を下回る見込みとの事で、少し残念な収穫期となりました。お米の価格が少しでも上がりますよう期待するところです。これから更に良い天気が続き、収穫並びに出荷作業がよりスムーズに進行しますようお祈り申し上げます。