令和3年産うりゅう米が初出荷されました

9月10日(金)

  この度、第5町内1の須見浩行さんがゆめぴりか約2.6トン、6町内2の志部谷悟さんが同じくゆめぴりか約3.9トンをライスコンビナートに初出荷されました。きたそらち農協の岩田清正代表理事専務、遠藤清明雨竜地区代表理事と共に初出荷に立会い、お祝いを申し上げました。今年は昨年より6日早い初出荷となり、うりゅう米の出来栄えは、良い天候にも恵まれ豊作基調との事で、今年も大いに期待するところです。お米の価格動向がとても心配ですが、これから良い天気が続き、収穫並びに出荷作業がよりスムーズに進行しますよう願うところです。初出荷、誠におめでとうございます!!